チェックしておきたい現代のコンテンポラリーダンス・バレエの振付家

上田舞香の独断と偏見で選んだ振付家

です。のでご承知おきを。
私が今まで動画で見たり、実際に公演に足を運んだりして触れてきた振付家をとにかく列挙してみました。
この記事の目的は、コンテンポラリーダンスに興味を持った人たちが更に興味を広げていく手助けをすることです。あとは現役ダンサーである上田の推し振付家や、影響を受けてきた振付家を紹介することです。

コンテンポラリーダンスに興味がある方、バレエダンサーでコンテンポラリーダンスについて知りたいけどどこから手をつけたらいいかわからない方、ダンスが好きな方… 参考にしてみてください。もっと紹介したい振付家やカンパニーはありますので追々追加、また、詳しく説明していきます。順不同です。日本語表記、読み方でわからない方もいましたので、そういうのがお得意な方は教えていただけると幸いです。SNSからでもなんでもお待ちしております。読み方色々あったりします。

私の興味関心があってよく調べているヨーロッパ中心になりました。
国によって作品の癖も出てきますので、ほかの地域のものも是非チェックしてみてください。グローバル化が進んでいるとはいえ、文化や国民性によって求められているもの受け入れられることが変わるので地域と劇場は強く結びついています。アメリカのダンスはだいぶ様子が違っています。それぞれに魅力的な部分がある。

リスト

30名

ウィリアム・フォーサイス William Forsythe
ヤコボ・ゴダーニ Jacopo Godani
イリ・キリアン Jiri Kylian
シャロン・エイアル Sharon Eyal
Guy Weizman & Roni Haver
アクラム・カーン Akram Khan
ルイ・ホルタ Rui Horta
Jo Stromgren
マッツ・エック Matz Eck
ナニーン・リーニング・Nanine Linning
ドグラス・リー Douglas Lee
マシュー・ボーン
マルコ・ゲッケ Marco Goecke
クリスタル・パイト Cristal Pite
ソル・レオン&ポール・ライトフット Sol Leon & Paul Lightfoot
ジョン・ノイマイヤーJohn Neumeier
イヴァン・ペレ Ivan Perez
ウェイン・マクレガー Wayne McGregor
ゴヨ・モンテロ Goyo Montero
シュテファン・トス Stephan Thoss
森優貴 Yuki Mori
Eyal Dadon
ウヴェ・ショルツ Uwe Sholtz
ホフェッシュ・シェクター Hofesh Shechter
オハッド・ナハリン Ohad Naharin
アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル Anne Teresa De Keersmaeker
モーリス・ベジャール Mauris Bejart
ピナ・バウシュ Pina Bausch
サシャ・ヴァルツ Sasha Waltz
Tarek Assam

2019年のNDT来日公演を経てもっとこの世界を知りたいと思った方へ向けて、参考になればと思い書いてみました。

この機会にダンスに興味を持った方。
ダンスやっているけれどもっと幅広く楽しみたくなった方。
ダンサーやバレエダンサーを目指す若い世代の方。
ぜひ自分の好きな世界をどんどん興味に任せて広げてみてください。

申し訳ありませんが、まだまだ情報が網羅されていません。随時、整理して更新していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください