ニュルンベルク。オーディションが終わった。旅の記録。

seat-at-the-nurnberg-theater

ニュルンベルクでゲットしたモノの回。
の前に前置き。なんで行ったのか。

ニュルンベルクはドイツ。オーディションしてまいりました。

バレエクラスで敢え無く落ちる。
ディレクター Goyo Montero のビジョンはそれだけはっきりしているのだろう。
こんなあっけなく…!とも思うけど、
わたしが入れないのは納得いっている。
このカンパニーには違う人の方が合っている。
ともかくいまは、いまできることに集中しよう。

さて、ニュルンベルクで得てきたモノ。

"tanz" magazine

“tanz” magazine

ドイツのダンスの雑誌 “TANZ”
ドイツに来たら絶対に買うと決めていたもの。
ずっと欲しかったので嬉しい。
ドイツ語なので読むの苦労するけど。

Durer's Dog の公演チケット

公演、最高だった

Durer’s Dog の公演チケット

オーディション前日に Goyo Montero のDurer’s Dog を見た。
最高だった。いやあ、見て良かった。
結果、落ちたけど、オーディションへのモチベーションはものすごく高まった。
人生においてみてよかった。

全てにおいて納得させられる。
ああ、観客を誘導してあげているのかも。
やっていることは抽象的なものであったけれど、
今振り返ってみると
作品を通してストーリーがちゃんと成り立つように、意識されているように感じる

ダンサーが揃っていて、予算もあって、
そして何をおいてもディレクターの計画性とアイデアの底知れなさ、演出の幅広さ(こんなチープな言葉じゃ言い表せない)
こりゃ、みんな、劇場に足を運ぶよなと思った。

卵が先か鶏が先か…

あと、一つ感動だったのが、
予定終演時間より5分か10分か早く終わったこと。
生演奏だから前後するのかな。
ドイツだな…なんて言ってみる。

ああ、これに関してはもうたくさん話したいことは尽きない。

M.A.Dパンフレット

ニュルンベルクにあるダンス学校を見学してきた

M.A.D – mind and dance のパンフレット
(Ballettförderzentrum Nürnberg)

偶然。
友だちの友だちのダンサーがドイツ留学考えてて、
この学校に興味あると聞いて、調べていたら宿泊していたホステルから5分の所にあった…!
面白いことあるんだなーと折角だからスタジオに直接行ってみた。
学校の様子も直で知ることができて、
生きた情報を得られてよかった。
思わぬ出会いもあり。観光もいいけど、
こういう行き当たりばったりなことはやはり好きというか自然にやってしまうもんだなと思った。

Fur-Jeden-Eine-Bhune-STNbg

劇場においてあったかっこいい分厚いパンフレット

FUR JEDEN EINE BUHNEN Staatstheater Nurnberg
分厚い今シーズンのニュルンベルク劇場パンフレットみたいなもの

劇場にあったのでもらってきた。
こういう紙モノに弱いんだ…
好きなんだ。
集めたがりなんだ。
読めるといいな。
結構中身も見ずに終わることが大半なので、
中身に目を通せたらと思う。
作品の話とか、人の話とか、ええと、ドイツ語かな…
触れるだけでもくるんだな。

Rossmann-Mousse-au-Chocolate

食も忘れない

ROSSMANN Das Exquisite Mousse au Chocolat
ロスマン(ドラッグストア)で買ったチョコレート

チョコレート好き。
ビターチョコ、カカオ多分50%。
中にくちどけのいいトリュフ?ちょっとアルコール入ってるのか。
んまい、んまい。
こういうことしてるから、痩せないんだろうな、と言いながら。
やめないのだけど、どのくらいまでストレスを緩和すればいいのだろうか。
わたしの課題である。

モノのほかにも山程ある。
ニュルンベルク × モノでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です